人物

三遠ネオフェニックス移籍1年目の注目選手

アリーナMC・山田門努が直撃インタビュー!

(2022年3月17日号掲載)

華麗なアシストで会場を魅了する キャプテン 田渡 凌 #21

今季から三遠ネオフェニックスに移籍した田渡 凌選手。バスケ一家に生まれ、アメリカに留学しゲームメイクを学び、B1リーグの横浜ビー・コルセアーズ、広島ドラゴンフライズで活躍。低迷しているチームを司令塔として牽引し、不死鳥のごとくCS(チャンピョンシップ)へと導くことを期待されています。サーディ・ラベナ選手や津屋選手との息の合った連携プレイも見どころのひとつ。そんな田渡キャプテンに今の思いを聞きました。

門努
チームメンバーに声を掛けている姿をよく見かけます。キャプテンとしてどんなチーム作りを目指していますか?
田渡
今はゲームになかなか勝てない状況です。どんな時でも常に冷静でいることを心がけています。今の練習だけでは勝利に結びつきません。だからこそ、チーム内で誰からでも言いたいことを言い合える仲にならなければいけないと考えています。先輩の山内さんや長年チームの柱である岡田さんや太田さん、年上の海外選手がいますが、年下の選手からも話しかけやすい環境にすることで、お互いが腹を割って話し合い、高め合うことができるチーム作りを目指しています。
門努
なかなか勝てないから今だからこそ、意識していることはありますか。
田渡
今季は厳しいシーズンが続いています。試合に勝つために練習していますが、負けた後は次の試合まで悔しさが残ったまま生活することになります。イヤな思いも、恥ずかしい思いも、うれしい思いもすべて引っくるめて、このメンバーで同じ"思い"を共有し、ベクトルを勝利に向けていくことを強く意識しています。
門努
敵チームだったフェニックスですが、実際加入したあとの印象はどうですか?
田渡
「なんであんなに仲が良いんだろう」とずっと思っていました。入ってみて、練習施設や環境にとても恵まれていることに気付きました。ここでメンバーと過ごす時間が長いからこそ、このファミリー感が生まれるんだなと感じています。
門努
チームに入って約半年。浜松や東三河で過ごして、人や町をどう感じていますか。
田渡
バスケットに集中するのに、すごく良い場所だと思っています。自分が必要としているものはすべてそろっていて、住みやすいところです。ブースターの皆さんも、ほどよい距離感で接してくれています。個人的にはガンガン来てくれるのも好きですが、コロナ禍において、柔らかく接してくださることにとても感謝しています。
門努
3/26(土)・27(日)に浜松アリーナで行われる島根スサノオマジック戦。今季、かなりの戦力補強をしている強敵ですが、どう戦いますか。
田渡
島根スサノオマジックのキャプテンでポイントガードの安藤誓哉の動きを止めることが重要です。彼とは小1の頃からよく試合をしてきた幼なじみで、プレイに緩急と力強さのある選手です。コートに立つ5人全員が連携し、彼に勢いをつけさせないよう意識して、戦いに望まなければならないと考えています。
門努
今季、浜松アリーナでの最終戦。ファンや地域の皆さんにメッセージをお願いします。
田渡
私がフェニックスの仲間になって初めてのホーム戦は10月9・10日の浜松第1戦でした。今回も勝って、皆さんと喜びを分かち合いたいです。「フェニックスの試合をまた見たい」と思ってもらえるようなゲームにします!一緒に良い雰囲気を作れるよう、皆さんの力を貸してください。
門努
当日はアリーナMCとして、全力でサポートさせていただきます!
アリーナMC 山田 門努(やまだ もんど)

 昨シーズンよりアリーナMCを担当。小学校から大学まで12年間バスケットボールをしてきた経験をもとに、試合状況を的確に伝えながら、会場が一体となるように盛り上げている。「初めて観戦する方にもわかりやすい解説を心がけながら、大好きなフェニックスを全力で応援します。見かけたら、ぜひ声を掛けてください」。 SBSテレビ「ヨエロスンE」、SBSラジオ「SHIZUOKAもんどセレクション」「Going My West」「マンデーモンディー」などにレギュラー出演中。

【チケット購入について】

ダイナミックプライシングの導入

https://bleague-ticket.psrv.jp/games/SN

今シーズンより、価格変動制「ダイナミックプライシング」によるチケット販売を開始。ダイナミックプライシングによる販売では、購入するタイミングにより、価格が変動する可能性があります。チケット購入の際は、最新価格を必ず確認してください。

三遠ネオフェニックス

新型コロナウイルス感染防止対策等のため、予定が変更される場合があります。お出掛け前に公式ホームページで最新情報を確認してください。